知ったかぶりの日々

アクセスカウンタ

Shoichi Inoue

バナーを作成

zoom RSS ここも9年振りの余市岳(軽登山22)その1

<<   作成日時 : 2017/08/09 06:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11:31 2017/08/07
3日にも
挑戦したのですが
行く途中
怪しげな空模様に
惧れをなし
毛無山辺りで
すごすごと引き返し
小樽の街散歩に
予定を変更し…

次の日
4日も
快晴なので
二度目の挑戦と称して
再度
赤井川方面へ向かい

07:40 いつものスタンドで
給油しようと
立ち寄ったところ

画像


ガッガーン

8時開店だったので

すぐさま
銭函方向へと
愛車を発進させ

07:51 銭函駅近くの踏切

画像


08:04 新光一丁目
左へ曲がれば
朝里川温泉方面

画像


08:17 毛無山展望所を
過ぎた辺りで
前の日と同じく
雲行きが怪しくなり

画像


今更
後へ退けぬと

折角
来たからにはと
思い直して
峠を下り…


何てことない!

08:20 下るに従い
空前面
晴れ渡り… \(^o^)/

画像


昨日は峠を
越えなかったし

峠を越えていれば
晴れだった…てか?


画像


08:27 
画像


08:30 
画像


08:32 キロロに
入っては
きたが

画像


間違えて
ホテルピアノ近くの
駐車場に
愛車を停め

画像


登山口は何処じゃあ!
ここではわからん


しばらく
思い悩んでると

別の車が
奥のホテル向けて
一っ走りしておるのが
目につき

08:39 僕も
愛車を
もう一度発進させて
駐車場に停め

画像


軽登山開始!

08:44 トルコ桔梗

画像


画像


ハンゴンソウ

画像


画像


画像


08:46 
画像


左手の頭上に
朝里岳頂上台地が見え

画像


最初の関門で
入山届に記帳し

(本日は
僕より一時間も早く
二組入山済)

画像


08:51 碧空の下 山道を一人行く 僕なれど

画像


山の裾 車がノコノコ 走ってる

画像


08:52 
画像


二組登ってるから
熊も出んじゃろう?

時間も時間だし…

多分
効き目は無いかも
しれないけど
熊笛を
持ってるし…

いざとなった日には
目を合わせながら
後ずさりすれば
いいし…

本当に
それで大丈夫…?

08:53 なだらかな 山道を ノコノコと

画像


08:54 
画像


遠くに余市岳

画像


エゾミソハギ

画像


ゴンドラ山頂駅?

画像


09:01 僕の横を
ホテル関係の車が
通り過ぎ

画像


エゾアジサイ

画像


ウドも
朽ち果て

画像


09:10 登山道も
いつしか
上り坂と
なり

画像


何だ坂〜こんな坂

苦しみ逃れに
歌声発し

09:25 目指すは
あの山

画像


09:37 ようやく
道は開けてきて

画像


09:40
画像


09:46 ずっと
下ってゆくと

画像


第一リフト

画像


09:48
ここで
登山口を探すのに
四苦八苦し

画像


09:54 目印を

画像


09:55 やっとのこと
見つけ出し

画像


軽登山
本格的開始!


10:06 休み休み
画像


喘ぎ喘ぎながら
登り続け

画像


10:10 疲れがとれるという
野草の実を
口に含み

画像


10:16 通せんぼ

画像


抜けたら ドンドコショ

画像


10:17 
画像


10:27 オトギリソウ

画像


10:35 この白い花の名は?

画像


画像


10:57 ようやく
道は開け

画像


11:03 シェラトン傘下の
キロロ・リーゾートが
遥か遠くに望まれ

画像


11:04 野イチゴを 口元に
そっと 近づけ
一齧りすると 元気回復し

画像


11:12 分岐

画像


(次回に続く)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここも9年振りの余市岳(軽登山22)その1 知ったかぶりの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる