PDF文書を黒く塗ってはいけません

17:15 2019/04/17
僕はこれまでに
PDF形式の文書を
手前勝手に
いじくったり
した事は
ないが…

だけど
これくらいは
覚えといても
損はない!

PDF文書で公開する個人
情報などを閲覧出来ない
ように黒塗りすることが
ある。

だが最近、黒塗り部分を
閲覧できてしまう事故が
相次いだ。森友学園との
交渉に関する資料
もその
一つ。情報が漏洩したPDFの
具体的な作成方法は明らかに
されていないが、ある程度
推測できる。

画像


一つは、アクロバットリーダーや
アクロバットプロが備える
「描画ツール」で黒い長方形を
描き、文字の上に重ねる方法だ。
一見、文字は読めなくなるが、
PDFの閲覧・編集ソフトで
ファイルを開き、図形を移動
すれば、その下にある文字が
現れる。

もう一つは「テキストをハイ
ライト表示」
という機能で
文字を黒く塗りつぶす方法。
この場合も、該当部分を含む
テキストを選択してコピーし、
メモ帳などに貼り付けるだけで、
その文字が現れてくる。

画像


 ではどうすれば、情報を削除
できるのか。アクロバットプロ
では「墨消し」ツールを使うのが
正解だ。この機能なら、黒く
塗った箇所にある情報を完全に
消すことが可能。
さらにPDFに含まれるメタ情報
(ファイルに記録された非表示の
情報)を削除する機能もある。

 大阪市は、同様の事故を
起こさない対策として、墨塗り
した印刷物を作ってさらに
コピーするなどのアナログ的な
手法が有効だとしている。

「日経PC21」 2018年8月号

教訓その1

大事な文書は
デジタルより
アナログ的手法で
書き留める事 ヽ(^o^)丿


そう言えば
CASSETTE PLAYERも
RECORD PLAYERも
ずうっと
しまいこんだまんま
使っておらず (;´д`)トホホ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック